【2008.4.17】都市環境対策特別委員会

2008年4月17日 14時35分 | カテゴリー: 議会報告

午前中、都市環境整備対策特別委員会がありました。
内容は、昨年度一年間の、環境部や安心安全、交通対策などの活動報告とそれに対する質疑や意見交換でした。
いつもながら、資料説明の後、議員からの質問、要望の繰り返しになるかと思っていましたが、そうなってはいけないと思って、ある議員の質問、要望にひっかけて、私なりの見解を述べさせてもらいました。
それは、タバコのポイ捨て禁止に関して、今、喫煙禁止地区が江坂駅周辺とJR吹田駅周辺にあり、今年度は新たにもう一箇所増えることになっています。この 禁止に関して条例はありますが、千代田区などの条例のように罰則がある条例ではなく、地元のみなさんと協力した啓発活動によるものです。
まだ歩きタバコ、タバコの吸殻のポイ捨てがあるので、吹田市も罰則規定を作ってはどうか?というのが、他の議員の質問趣旨でした。
理事者としては、罰則も考えられるが、今のところ当初に比べて喫煙者の割合がかなり減ってきたので、啓発でがんばっていきたいとの返事でした。
私は、この喫煙禁止地区を指定するときに、この議員と同様に、ポイ捨て禁止条例に罰則規定を加えるべきと意見を述べました。そのときも理事者は、もし罰則 規定を加えれば、取り締まる人も、また取り締まるにあたってトラブルが発生する可能性もあり、千代田区などは元警察官を嘱託として採用して対応している が、とりあえずは啓発でがんばっていきたいとの返事でした。
で、罰則規定のある自治体と比べて極端に吹田市の状態が悪いのではなく、啓発でもかなりの効果(以前、当初の4分の1になったとの報道があった)がみられ ることから、以前は罰則規定が必要と主張したけれど、今はこのまま地域の皆さんのご協力も得ながら、啓発でがんばっていただきたいと申し上げました。
直接、議員同士の議論ができたわけではありませんが、少しはかみ合った意見のやり取りができたのではないかと思います。
今後は、もっと、積極的な議員間の議論ができるようになれたらいいなと思いますし、していきたいと思います。