【2015.01.06】市民公益活動センター及び体育施設等の減免基準の見直し(報告)

2015年1月6日 15時10分 | カテゴリー: 活動報告

今日も、新年懇談会の後、市役所で仕事をしています。

昨日付で減免基準の見直しについてお知らせが来ましたのでご報告します。

一つは、前から、体育施設の利用料が高くなり、利用者が減っている。高齢者が運動をすることで健康のためにも良いのだから、利用料を下げてほしいとの声を聴いていました。

今回、これまで75歳以上の利用者が5割減額になっており、
65歳から74歳(75歳未満)までは暫定的に5割減額になっていたものを
来年度(27年4月1日)から暫定ではなく、
制度として
65歳以上を5割減額にするとのことです。

理由としては体育施設の年代別利用実態や近隣他市の料金設定も踏まえて、とのことです。

もう一つは、市民公益活動センターの市民公益活動団体に対する5割減額の継続です。
他の施設の減免基準と統一する方向で見直しを進めているが、
このセンターの供用開始からの期間が短く、市民公益活動への支援方策について検討時間が必要とのことで
平成27年度もこれまで同様、現在の暫定措置(5割減額)を継続するとのことです。

以上、お知らせします。