政策

いけぶち佐知子 選挙公報原稿(2015,4,26投開票)
  (画像をクリックすると大きくなります)

いけぶち佐知子 政策リーフレット(2015年版)
(画像をクリックすると大きくなります)

  

いけぶち佐知子の重点政策

  1. 救える命を一人でも多く救う 1秒でも早く患者を病院へ搬送

    現在、吹田市は7台の救急車。国の基準では、吹田市の場合9台の救急車が必要です。
    救急車2台増車、救急隊員の増員

  2. 本好きの子どもを増やしたい!

    蔵書を増やしても、本と子どもをつなぐ司書がいなければ意味がない!
    小中学校すべての学校図書館に学校司書を常駐配置する

  3. 学力格差を少なくし、全体をレベルアップ。教育費の負担軽減

    教師OB、教師希望大学生を中心に学習支援を行う。子どもたちの異年齢交流としても有意義です。
    小学生は「宿題塾」、中学生は「復習塾」として安価で学習支援

  4. 認知症介護者の負担を少しでも軽くしたい!

    多くの市民に分かりやすく認知症地域サポート事業の内容をお伝えし、経済的負担の少ないサービスにします。
    地域と市が協力して、認知症地域サポート事業の早期確立を目指します

  5. 1~4を実現するために目指します

    目標1 市議会議員報酬を10%削減
    目標2 市役所の職員の人件費を総額で10%削減(5年間で)
    目標3 経常収支比率90%

<パネル>